ご先祖様の足跡を求めて

ご先祖様の記録を追うとともに全国に点在する同姓の発祥を考えます

豊後国 久光氏

こちらの『「久光」という地名2』で、大分にも久光という地名があったことをご紹介しました。

kadoyasan.hatenablog.jp

本当に久光姓は居ないのだろうかと調べてみたところ・・・やはり居ました!

別府大学のサイトのようですが、掲載記事に「久光主計入道」とあります。

http://bud.beppu-u.ac.jp/modules/xoonips/download.php/kc10805.pdf?file_id=6503

芥川龍男『「豊後国諸侍着到」の復原と伝存事情』)

この論文で紹介されている着到帳は、高麗陣、いわゆる朝鮮出兵の際に大友勢として参加した侍たちの着到帳のようです。

大友直参に久光姓の方がいたことは、これまでの予想にないことでしたので驚きです。

このことをきっかけに、『大分縣史料(34)第二部補遺(6)』(大分県教育委員会編,1981)を見てみたところ、久光主計のほかにも数人の久光姓の方が。

f:id:kadoyasan:20200705122250j:plain

「中庵発山口、経尼崎赴洛、而到常陸国水戸佐竹議宣領地、有従士著到此着到亦、有増減」とタイトルが打たれた文書にありました。

事情は分かりませんが、中庵つまり大友義統(吉統)が常陸の佐竹領へ行くときに従っていった方たちの名前が書いてあるようです。

久光主計入道(紹有)は、尼崎まで従って堺に残ったようです。

 

f:id:kadoyasan:20200705123327j:plain

こちら久光三郎(統利)は、「以御供下向衆」として書かれていましたので、ひょっとしたら久光主計入道のように途中で待機せずに、常陸までついていったのかもしれません。

 

f:id:kadoyasan:20200705123620j:plain

こちらは「於朝鮮國戦死併病死」と書かれた文書にありました。

朝鮮出兵のとき、久光半三郎さんは亡くなってしまったようですね。

現地に埋葬されたのでしょうか。

 

f:id:kadoyasan:20200705123958j:plain

こちらはいつ作成されたものか不明ですが、「大友氏家臣交名」のなかに久光紹宇の名前があります。紹の字が共通ですので、久光主計入道紹有と親子関係がありそうです。

 

久光主計入道紹有といい、久光三郎統利といい、その名に「紹」や「統」が入っており、主家である大友家や重臣高橋家などとの関係が見え隠れします。

はたして中世別府の久光名発祥なのかどうかも含めて、今後も調査が必要です。

 

さて、このようにみてきた久光一族ですが、大友氏の豊後徐国後はどこに行ったのでしょうか?

仮説1 大分で帰農した。現在久光姓があまり居ないので可能性低い?

仮説2 大友氏に従った。

       ※関ヶ原後に大友義乗異母弟松野正照に従い肥後加藤家へ行った者、

        高家となった大友家に従った者がいる可能性。

 

案外、江戸時代から代々関東に住んでいるという久光姓の方も、戦国時代には九州にいたという方が結構いらっしゃるかもしれませんね。 

角屋 久光商店4

屋久光商店。経営者の久光伊之助ですが、実は別会社にも関わっていたことが分かりました。

f:id:kadoyasan:20200623191603j:plain

官報 第3717号 大正14年1月15日

大正時代の官報の商業登記欄に「株式会社鳥栖新市場」の監査役として重任されています。

重任=再選されているわけですから、それ以前から監査役をやっていたわけですね。

 

「株式会社鳥栖新市場」とはどういう会社なのでしょうか。

f:id:kadoyasan:20200623192008j:plain

鳥栖商工会『鳥栖商工案内』,1925

営業科目が魚介、野菜、果物とあります。

これは推測になりますが、地元の商店主たちが結成した会社で、今でいうスーパーマーケットのようなものではないかと思っています。

野菜コーナーには野菜が、果物コーナーには果物が・・・という感じでしょうか。

当然ながらこの会社では地元商店主でそれぞれ役員等に就いていたと推察されます。

ということは、逆から見ると、役に就いていたということは、曾祖父はこの株式会社鳥栖新市場でも牛乳を販売していたのかもしれません。

所在地など詳しいことは継続調査中です。

単に自宅と国鉄駅構内で牛乳を売っていたというだけでない、曾祖父の人生の別な側面を見つけることができるかもしれません。

期待をもって調査したいと思います。

田代領の久光氏

これまで各地の久光氏について述べてきましたが、断然気になるのは自家と繋がるであろう田代領の久光氏です。

いままで様々な資料を収集し、田代領の久光氏のデータを集めてきました。

以下に示すものはそれら公開されている資料をまとめたものになります。

 

 

f:id:kadoyasan:20200509121225j:plain

「田代領の久光氏」

※一般に公開されており誰でも見ることが出来る石造物の刻銘は載せています。
※一般的に公開する前提ではない墓碑などのデータは載せていません。
※ご存命の方が居る可能性がある昭和時代の資料のデータは載せていません。

 

現在ではわずかになってしまいましたが、戦前までは田代地区にたくさんの久光家があったことが分かります。

「※」にも書いてますが全部を掲載しているわけではないため、実際には表よりもっと多くの久光氏がおられます。

 

これだけ名前があるのに、同族関係がさっぱり分からないという不思議な久光一族。

かつてお話を聞いた昭和一桁生まれの方ですら、「どこそこが本家」などという同族関係は聞いたことが無いとおっしゃっていました。

 

これらの家々は、おそらく江戸時代のあいだに分家を繰り返したものと考えられます。

かくいう我が家も、どこかの久光氏から分かれたと思われます。

先祖調べのセオリー「上からと下から」のとおり永吉南村庄屋家を総株家と仮定して関連する史料を探しているのですが、元禄から寛政にかけての約100年の空白期間を埋める史料に出会えていません。

 

くじけそうなところですが、前向きに考えると「たった100年、世代換算で3~4世代」を判明させることができ永吉南村庄屋家に繋がる(または繋がらない)ことが確定すれば、それはひとつの到達点と言えそうです。

もし、田代領久光氏の系図や同族関係を示す資料を所持している、所在を知っているという方がおられましたら是非ご連絡いただきたいところです。ぜひご一報ください。

「久光」という地名3

前回まで角川日本地名大辞典に収録されている久光という地名について考えてみました。

当然かもしれませんが、この大辞典にもすべての地名は収録されていないようです。

 

f:id:kadoyasan:20200509104127j:plain

現在の広島県三次市には、かつて久光城というお城があったようです。

また、近くには久光谷という地名も見えます。

久光城というくらいなので、城主は久光氏なのかと期待しますが、

f:id:kadoyasan:20200509104353j:plain

残念ながら、三吉氏家臣近実氏が城主とのことでした。

ですが、こういう大辞典にも収録されないような、現在では忘れられつつある地名から興った久光氏が居てもおかしくないのではないでしょうか。

 

実際に、『毛利氏八箇国御時代分限帳』を開くと、

f:id:kadoyasan:20200509105102j:plain

『毛利氏八箇国御時代分限帳』

久光四郎左衛門という侍の名前が見られます。

岩見国の美濃という地名に5.4石をもらっていたようです。

岩見国と安芸国では距離がありますが、どちらも毛利氏の領地ですから久光城・久光谷出身で久光を名乗った可能性もゼロでは無いのではと思っています。

毛利氏は後年領地を大幅に減らしますので、残念ながらその後の分限帳に久光氏は居ないようです。

 

ですが、こちらの記事で紹介した久光佐渡氏。

kadoyasan.hatenablog.jp

もとは周防国出身で毛利家中だったと書かれていました。

城主クラスに久光氏は見られませんが、案外中国地方には多くの久光氏がいたのかもしれません。

現在山口県に多く存在する久光氏の中には、もとは毛利家臣と伝わっている家があるのではと予想しています。

いつかお話をおうかがいしてみたいですね。

「久光」という地名2

前回少し触れましたが、『角川日本地名大辞典』という書籍があります。

角川日本地名大辞典 - Wikipedia

県別に発行されており大辞典の名に恥じぬ網羅ぶりです。

 

さて、このシリーズには『角川日本地名大辞典 別巻2 日本地名総覧』という本があります。総索引のような本です。

この本で「久光」という地名を調べてみました。

f:id:kadoyasan:20200412014401j:plain

出典『角川日本地名大辞典(26京都府上巻,40福岡県,44大分県,46鹿児島県)』

 

ほとんど現在の久光氏の分布と一致しません!

 

kadoyasan.hatenablog.jp

久光氏が多くみられるのは

 1 宮城県

 2 北海道

 3 山口県

 4 福岡県

 5 広島県

 6 佐賀県

 7 高知県  

・・・というところです。

 

宮城県などは、最大人数を誇りながら、久光という地名がありません。

宮城県在住の久光様方へ苗字の由来をお聞きしたいところです。

 

また、京都や大分、鹿児島には久光という地名があったにも関わらず久光氏が滅多にいません。

京都・大分・鹿児島の久光名(保)をもとに久光を名乗った一族もきっと居たに違いないと思うのですが、長い歴史のなかで滅んでいったのでしょうか・・・。

あるいは戦乱のなかで一族をあげて移住した結果が、現在のような久光氏の分布になったのかもしれません。

西日本の久光氏は、これらの地名が由来である可能性は大いにあると思われます。

言い伝えが残っておられる久光氏がおられたら是非お聞かせいただきたいです。

 

「苗字の多くは地名由来です」と言われても、その地を特定するのは容易なことではありませんね。

「久光」という地名

苗字の由来の多くは地名によるものと言われています。
では、久光という苗字のもととなるような地名は、どこにあったのでしょうか。

太田亮氏の『姓氏家系大辞典』には、
久光 ヒサミツ 筑前国那珂郡久光邑より起りしなるべし。」と書かれています。
この場所は、現在の筑前町久光(旧三輪町大字久光)に比定されています。

 

佐賀県鳥栖市や福岡県小郡市そしてその周辺に見られる久光氏は、この地名から興った久光氏の末裔であろうと言われると何となく納得できそうです。
久光邑から興った一族が、西へ移動して鳥栖市周辺まで来た。
そして、筑紫氏の支配下地侍になり、故郷の地名を取って久光を名乗った・・・というストーリーです。

f:id:kadoyasan:20200412005429j:plain

イメージ図

史料は無いものの、物理的な距離など状況を見るとそれなりに説得力のある仮説だと思います。

ただし、100%とは言えません。気になる点もあります。

・気になる点1つめ。

 地名由来の苗字である(と思われる)のに、筑前町久光には現在久光氏が全然居ま

 せん。

・気になる点2つめ。

 筑前町久光あたりは、秋月氏が支配する土地でした。

 その地名を名乗る地侍ならば、秋月氏の家臣にも久光氏がいてよさそうですが、

 秋月家臣に久光氏が居た気配は感じられません(私が知らないだけかも)。

・気になる点3つめ。

角川日本地名大辞典(40福岡県)』では

 「久光村 江戸期~明治22年の村名。筑前国夜須郡のうち。黒田長政の入国のの

 ち、栗田村から分村して成立。はじめ福岡藩領、元和9年から秋月藩領。(以下

 略)」

と書いてあります。

戦国時代から久光を名乗っていたのに、久光村の成立が江戸時代とされています。

 

太田亮さんのおっしゃるとおり久光邑発祥、そして事情があって西に移動してきたという仮説でたぶん間違いないと思っていますが、今後の調査では、これらのひっかかる点を忘れずに大切にしたいです。

 

余談ながら、秋月氏は江戸時代に日向高鍋(宮崎)へ転封になり幕末まで続いています。電話帳サイトで調べると、宮崎にも数名の久光氏がおられます。

とても気になっています。

筑前国 久光氏2

前回と同じ筑前国でも、今回はお侍の話です。

 

福岡藩の分限帳は73点が確認されているそうですが、活字になって世に出ているのは25点分だけ、わずか1/3しか知られていません。

その活字になった分限帳を見ていますと、

f:id:kadoyasan:20200405025820j:plain

福岡地方史研究会編『福岡藩分限帳集成』海鳥社,1999,p.661

久光彦六さんと言う方がおられます。

右肩に元万代琢磨と書かれており、氏名が変わったことが分かります。

万代家と久光家との詳細な関係は分かりませんが、両家の関係性はこれだけではありません。

 

福岡の変 - Wikipedia

福岡の変を指揮したひとりに久光忍太郎という方がいます。

『明治丁丑 福岡表警聞懐旧談』(清漣野生 ,1973)によると、

 福岡県筑前国那珂郡平尾村居住 同県士族 久光忍太郎

とあります。

実は、この久光忍太郎。出身は万代家なのです。

『西南記伝 下巻2』(黒龍会,1911)によると、万代彦右衛門の第三子。

万代家を継いだ長兄・万代十兵衛は禄高100石のれっきとした侍。

しかしながらこの万代十兵衛は、乙丑の獄で切腹になってしまいます。

乙丑の獄 - Wikipedia

 

その兄の後を継いだのが、三男・忍太郎でした(次男は江上家に養子に出ています)。

不思議なのですが、家を継いだ際に姓を久光と改め、ここに久光忍太郎となりました。

 

f:id:kadoyasan:20200409113218j:plain

原田久『幕末・維新と筑前福岡藩』1999

最初に紹介した久光彦六も、元は万代琢磨でした。

また、万代彦右衛門と久光彦六という名前。

偶然かもしれませんが「彦」にこだわっている感じがありますね。

それにしても、どうして万代から久光になる人がこうもいるのでしょうか?

 

万代家にしても久光家にしても、黒田家に仕える侍である以上、家を絶やさずにつなげていくことも大切な奉公です。

そう考えると、両家の間には何らかの強い関係があったとしか思えません。

お互いに家が絶えないよう協力し合っていたのでしょうか。

分限帳・久光彦六のところには長政の代からとあります。

長政に最初に召し抱えられた久光氏がどういう謂れだったのか、ぜひとも知りたいものです(いちばん気になるのは、もちろん筑紫家臣の久光氏との関係性の有無ですが)。

そして、万代家と久光家の関係も明らかにしていきたいです。